相続資格比較おすすめランキング

相続アドバイスのスキルアップに
相続税実践講座

FPとの保険無料相談の方法は無料保険相談おすすめ比較をタップ・クリック

↓↓↓今日も応援クリック・タップありがとうございます!

保険ランキング

相続資格比較ランキング


相続資格について
相続コンサルタント
当サイト管理人が
慎重に検討しておすすめの資格を
ランキング付けしました。

第1位 相続相談員

相続相談員は、
元国税局職員
相続・贈与関係の実務を40年余りも続けてこられた
松井敬二税理士が、
分かり易く、
動画や音声で解説するJTLA認定
相続相談員養成講座
を受講して得る資格です。

メリット1 アフターフォローが良いです

この資格は
アフターフォローが充実していると思います。

入会日から登録期間中、
年間合計90分まで
無料相談(電話、対面)が受けられ、
講師の松井敬二先生等
相続に詳しい専門家と
電話等により相談できます。

また、
受講者は、
松井先生と電話等により
動画を実際に見ているかや、
分かりにくいところは無かったか等について
確認のヒアリングテストがありますが、
この確認のヒアリングテストは
動画をちゃんと見ていれば大丈夫ですし、
動画を見ていて分からなかったところは
質問できます。

詳しくはココをクリック

メリット2 税務署の考えが分かる

第2のメリットとしては、
この講座は、
相続・贈与の実務経験40年超の経験のある
松井敬二税理士の講師によるものである
ということです。

松井敬二先生は、
税務署での相続・贈与の調査を行う
上席国税調査官
国税局の電話相談センターの相談官
土地の評価になくてはならない
路線価図作成の実務を行う評価専門官等の
ポストを歴任されており、
現在は、
東京地方税理士会税法研究所の
研究員として、
税の専門家である
税理士からの疑問に回答するなどして
活躍されていらっしゃいます。

そして、
私が既に
下⬇の写真のDVDで学習している、
税理士やFP、法人等向けの本格講座
相続税実践講座(発行:JTLA)の
監修者兼講師でもいらっしゃいます。

このような方が講師なので、
相続を知り尽くしている
専門家ならではの視点で、

制度の説明だけではなく、
普通のテキストには
ほとんど書かれていない事例や
落とし穴となる問題点
学ぶことができます。

また、

ネットで見る動画教材は、
スマホで見ることができ、
分かり易く、
テーマごとに短く編集
されていることから、

集中でき
短時間で
貴重な知識、情報を
手に入れることができます。

生保FP向けとは記載がありますが、
これは、
生命保険が
相続税対策として
外せないことから
このように表示しているものであって、

相続相談に係わるすべての方々にとって
大いに役立つ内容となっています。
詳しくはココをクリック

メリット3 セミナー講師支援

第3のメリットとしては、
自らが相続のセミナー講師になれる
養成講座受講資格が得られる
ということです。

そして、
講師になる場合には、
松井敬二先生監修のパワポが貸与されます。
つまり
自分で教材を作成しなくてもいいということです。

自分で講師になって
クライアントから信用を獲得したい、
ブランディングを構築したい
とお考えの方には
メリットがあると思われます。

デメリット 認知度

デメリットとしては、
開設後あまり経過していない資格なので
認知度が低いことではないかと思います。

これについては
第2位の相続診断士と合わせて
この資格を保有するという対応策が
考えられます。

まとめ

以上を総括しますと、
相続相談員は、
アフターフォローが充実しているほか、
相続・贈与の税務署の実際の取扱い
元国税局の担当官から学ぶことができますので、

難易度もあまり高くなく
相続相談に係わるすべての方々にとって

おすすめできると思います。

第2位の相続診断士の資格保有者等、
他の資格の保有者がこの資格を保有すると
相続・贈与の
落とし穴も知ることができますので、

ライバルに差をつけて
ワンランク上のステージに
上ることができるのではないかと思われます。
詳しくはココをクリック

第2位 相続診断士

相続診断士の資格は、一言で言うと、
相続について相手の事情を聴取して、
税理士、弁護士、司法書士等の
専門家に繋いでいくという資格です。

メリット1 「士」と名乗れる

この資格の第一のメリットとしては
ネーミングが良いですね
名刺に「相続診断士」と書けるのは
結構かっこいいですね。

今は国家資格がない若い方等が
早急に肩書きを取得するには
良いのではないかと思います。

メリット2 ほどほどの勉強

第二のメリットとしては
難易度がそれほど高くないことです。

大学の法学部出身者であれば
相続税を少し勉強することなどで
短期間で受かるのではないかと
思います。

私も下⬇の写真の
教材DVD等を見て学習した結果、
一発で合格しました。

デメリット 実践面で難

デメリットとしては、
実際の税務署の取扱いはどうなの?
という実務的な知識は得られないということですね。

というのも
講師の先生は
元国税局職員等の方ではないほか、

教材の内容も市販の本にも書いてある
制度の事実の羅列となっています。

つまり、
制度そのものの説明であって、
こんな落とし穴に注意してね
とか
こんな方法もありませんか?
などとといったことを
学ぶことはできません。

このため、
実際の現場の取扱いを知っていないと
思わぬ落とし穴にはまることも
考えられます。

まとめ

第1位の相続相談員と合わせて
この資格を取得されれば

お客様や相続で困った人に対し
的確な相続・贈与のアドバイスが可能となり、

感謝と信頼を得ることにより
営業にも役立つのではないかとおすすめできます。

第3位 相続士

相続士は、
相続について的確なアドバイスを行って
税理士、司法書士などと一緒に
相続人の問題を解決していくことが期待される資格で、
評判も良いです。

メリット やや簡易

メリットとしては、
資格取得の難易度がかなり優しいことだと思います。

デメリット 実践面で難

メリットの反対で
逆に言うと
学習して得られるものが少ない
とも言えます。

第4位 相続アドバイザー

相続アドバイザーは、
相続のうち銀行預金関係の
アドバイスを行う資格です。
相続が発生すると預金が引き出せなくなったりします。

預金を相続人が引き継ぐのは
書類の準備などとても厄介です。

このようなことについてアドバイスする相続の資格です。

メリット 知識の必要度大

預金の引き出しは
相続税が掛かるか否かに係わらず
相続において直面する大きな問題です。
そういう意味で
この知識・資格の必要度は高いと思います。

デメリット 守備範囲がやや狭い

相続の資格の中でも
特に銀行預金が中心であり、

主に金融機関に勤務されている方等
資格の対象者が絞られている点が
デメリットではないかと思います。

まとめ

相続関連の業務は非常に幅が広くなっています。

このため、税理士、弁護士、司法書士のように
独占業務の資格保有者でも
相続の業務のすべてを
一人でこなすことは困難となっています。
例えば、いくら相続に強い税理士でも
登記申請はできませんよね。

このように、相続に関する業務は
非常に裾野が広いので
その概要を勉強するだけでも
大変なことだと思います。

ここでご紹介した資格について、
それぞれの特徴をご確認いただき

困っている人を支援してあげたり、
合わせて
自らのビジネスの成功につなげて
いただければ良いのではないでしょうか。

管理人のおすすめ
なんといっても相続相談員ですね。
詳しくはココをクリック

このサイト・記事が少しでも参考になると思う方は
↓↓↓是非クリックをお願いします!↓↓↓


保険ランキング

シェアの願い


このサイト・記事が少しでも参考になると思う方は
↓↓↓是非、シェアをお願いします!↓↓↓

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする